StarLab:Tibetan Characters

From StarLab

Jump to: navigation, search

Contents

当サイトでのチベット文字の扱いについて

インターネット上でチベット文字を利用する環境が改善されてきましたので,当サイトでは積極的に(というか普通に)チベット文字を使ってゆこうと思います。ただ,改善されたとはいっても全体的にはまだ十分なものではありませんし,うまく表示ができないユーザが多いのも事実です。それでも利用者が増えることにより,更なる改善や普及に繋がることを期待して,このような方針としました。表示に不具合のある閲覧者の皆様にはご理解をお願いいたします。

なお当サイトの TibWiki では特殊な方法でチベット文字を表示させていますので,画面左下の「search」は転写で検索を行うことができます。

チベット文字を表示するには

Windows Vista や Mac OS X Leopard では標準でチベット文字をサポートしていますので,基本的には何もせずに表示することができます。これら以外でも比較的新しいパソコンでしたら,必要なものをインストールすることにより,きちんと表示することが可能です。

Windows

Internet Explorer (IE) 6 は改行がうまくできませんので, IE7 にアップデートしてください。また場合によっては以下の手順でフォントを指定する必要があるかもしれません。

ツール > インターネットオプション > フォント > チベット語 : Tibetan Machine Uni を選択

Firefox は Firefox3 をお使いください。Windows では IE よりもこちらがお勧めです。

もし IE6 と Firefox2 の環境を変えたくないのであれば, Safari でもかまいません。

Vista

Vista には Microsoft Himalaya というフォントが入っています。このフォント自体は綺麗なのですが,日本語や英語と混在させた場合のバランスがよくないので, Tibetan Machine Uni を別途インストールするといいでしょう。

XP

རྒ

標準ではチベット語のフォントがありません。上記の Tibetan Machine Uni をインストールしてください。

それでもし IE7 または Firefox3 で右の文字の ra が ra mgo として変形していないようでしたら,もうひと手間かける必要があります。まずマイクロソフトが配布している Word Viewer 2003 をインストールします。こうして以下の場所にできたファイル USP10.DLL を,お使いのブラウザがあるフォルダの中にコピーしてください。例えば Firefox の場合は Program Files > Mozilla Firefox の中です。

Program Files > Common Files > Microsoft Shared > OFFICE11 > USP10.DLL

なおメモ帳や Word など,Windows 全体でこの USP10.DLL を利用することも可能なのですが,少々面倒ですし趣旨も異なりますので,その方法については省略させていただきます。

Mac OS X

ブラウザは Safari または Firefox3 をお使いください。というか Firefox2 以外で。

Leopard または OUTLK の Kailasaフォントはとても見やすく,ブラウザで表示する上でもベストな選択でしょう。ちなみに「現代チベット語動詞辞典」の組版では TibTeX を利用させていただいており,これらは基本的に同じフォントです。TibTeX 並びにフォントの開発は,大谷大学の福田洋一先生によるものです。

Leopard

標準で対応しています。ただし手動で Leopard をインストールした場合は,Kailasa を含むフォント群をインストール「しない」オプションがあるようです。もしチベット文字が全く見えないようでしたら追加インストールしてください。

Tiger

大谷大学真宗総合研究所から OUTLK をダウンロードしてインストールしてください。OUTLK は Leopard で Mac OS X に正式採用されたものであり,前述のようにフォントが綺麗なだけでなく入力環境も整っていますので,Tiger をお使いでチベット語に興味のある方は是非どうぞ。

Linux

Tibetan Machine Uni と Firefox3 で表示ができます。Firefox2 ではうまく改行ができません。

チベット文字を大きくしたい

本当は他の言語と同じ大きさで混在できるといいのですが,そうするとほとんどのフォントは小さすぎるようです(Kailasaは例外)。当サイトではチベット文字を他の文字よりも若干大きめに表示しているものの,お使いの環境によってはまだ小さく感じられるかもしれません。その場合はユーザスタイルシートを作ることにより,チベット文字の大きさだけを指定することができます。

Safari と IE の場合は適当な名前 (ex. user.css) でCSSファイルを作り,次のように書きます。150% という部分はお好みで変更してください。保存場所もお好きなところへ。その後 Safari は「Safari > 環境設定 > 詳細」,IE は「ツール > インターネットオプション > ユーザー補助」でこのファイルを指定します。

.tib { font-size: 150% !important; }

Firefox も同じ書き方で構わないのですが,このようにすると当サイトのみの指定に限定することができます。

@-moz-document domain("star.aacore.jp") {
  .tib { font-size: 150% !important; }
}

このファイル名は userContent.css として,「プロファイルフォルダ」の中にある chrome というフォルダの中に保存します。プロファイルフォルダは OS によって場所やアクセス方法が異なりますので, Firefoxのサポートページ を参照してください。

ただしこれらの方法は全て固定された大きさになることにご注意ください。つまりこのページ中程の རྒ は 400% で表示しているので,ユーザスタイルシートで 150% を指定すると,逆に縮小されてしまうということです。

Personal tools



Global Navigation

AACoRE > Laboratories > StarLab
ILCAA